13168
Message board & my diary

[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

No.1986 シーズン初バス 投稿者:ひで 投稿日:2014/06/09(Mon) 20:52



    旅日記を一休み
先週末は、土曜日に宴会が一つ
懐かしい顔が集まる毎年恒例の会で、
無事幹事の役を務めることができました。

日曜日は、朝から小庭の草むしり
この季節はすぐにまた伸びてくるのですが・・・

午後遅くに日がだいぶ傾いてから、浮輪を膨らませて、今年の初バス釣へ

開始早々に初バスもキャッチでき、
バイトも多く、反応は上々で、
これは日暮れのゴールデンタイムは良い釣りできるかも・・
と、思ったのですが、
日暮れが近づくについて、ぱったり反応が無くなりました。
まあ、こんな日もあるようで、
初バスキャッチできただけ好しとしましょう。(^0^)

竿 :Wright & Mc gill ソリッドグラス5フィート
リール:Langley Lure cast
ルアー:Crazy Crawler XRW



No.1985 アメリカ その6 投稿者:ひで 投稿日:2014/06/08(Sun) 09:26



    Hさんのおかげで、卒業式にも間に合いました。
卒業式は、大学の陸上競技場を会場に野外で開催され、
颯爽と、そして穏やかでゆったりとした式でした。
インド人の学長先生のスピーチの後、
卒業式の名物らしい、スコットランドの民族衣装に身を包んだ楽隊の演奏に続いて、
卒業生の退場となりました。

式の後、無事息子と会うことができて、ようやくほっと・・(^0^)
実は息子は、同時に2つの修士課程を習得するコースに学んでたので、
昨日のトラブルの頃には、もう一つの修士課程の卒業セレモニーに出てる最中で、
連絡したくても連絡つかない状況でした。
今日の朝には、教授を囲む朝食会があって、我々も席を確保してもらってたのですが、残念ながらこれには・・・

式の後、息子の案内で、学校やピッツバーグの街、美術館などを見学、
天気が良かったこともあって、ほんとうに気持ちの良い午後を過ごせました。



No.1984 アメリカ その5 投稿者:ひで 投稿日:2014/06/07(Sat) 18:07



    アメリカ旅日記の続きを、
今回の旅は総じて楽しい旅だったのですが、
お約束のように、海外ならではのトラブルにも少々遭遇しました。

1つめのトラブル、
成田からシカゴに飛んで、アメリカ国内線に乗り継ぎ、
息子の住むピッツバーグへ向かう予定が、
シカゴで乗り継ぎ便を待っていたら、
搭乗予定時間5分前になって、なんの前触れもなくその便がキャンセルされました。

短い説明がたった1回あったのみで、
言葉が不自由な我々は、どうして良いか途方に暮れていたところ、
同じ便に乗る予定だったHさん(ピッツバーグの米企業にお勤めで、神戸出身)に助けてもらいました。
カスタマーサービスで聞くと、ピッツバーグ行く便は、翌日の夕方まで空きが無いとのことで、
それでは卒業式に間に合わないので、途中のクリーブランドへいく翌日早朝便に乗って
そこからHさんがレンタカー借りて、ピッツバーグまで一緒に乗せてもらえることに・・
ほんとに地獄に仏、いくら感謝しても足りません。

おかげで、翌日の昼前には大学にたどり着き、
途中からにはなりましたが、卒業式に列席することができました。
Hさん、ほんとに助かりました。ありがとうございました。

写真は、当日空港会社からあてがわれたシカゴ空港近くのホテル
全米(世界?)コスプレ大会のようなものが行われていて、目が点になりました。
セーラームーンやワンピース、NHKの茶色の四角いキャラクター(名前なんだっけ)なんかが、街じゅうを歩いていて各ホテルのロビーを占拠してました。(数千人、いやもっとかも)
日本カルチャー恐るべし(^0^)



No.1983 アメリカ その4 投稿者:ひで 投稿日:2014/06/04(Wed) 22:16



    kazuさん
卒業式行ってよかったです。(^0^)

息子はこのままアメリカで就職することになりました。

日本に居たら、
帰って来て就職したら良いのになんて、つい思ってしまうのですが、
アメリカ行って、一週間とはいえ息子と一緒の濃い時間を過ごすと、
ここに残って頑張りたい息子の気持ちが少しは理解できました。

アメリカで頑張るのは、世界で頑張るということと同じで、
日本はそのなかの一地域なんだなあと、感じながら旅をしました。
アメリカ、やはりとても魅力的な国です。

幸い、息子の方もなかなか良い条件のオフアー受けてるようで、
勉強した甲斐はあったようです。(^0^)

で、写真はアメリカとは関係なく、
先週末の釣の記録を載せておきます。(^0^)



No.1982  投稿者:kazu@岡山 投稿日:2014/06/02(Mon) 20:32

    こんばんは。

息子さん、大学院卒業されたんですね。なんか時間経つの早く感じます。

卒業式に参加されてどうでしたか? 親はもちろん、おばあちゃまも感慨深い瞬間だったことと思います。いっしょにアメリカで祝ってやろうよって誘ったのひでさんですか? なんか家族の行事をみんなで記憶に刻むっていいなと思いました。

で卒業式レポ後半は   釣りか????笑
んなわきゃないか・・・・。



No.1981 シーズン最良の釣に 投稿者:ひで 投稿日:2014/06/01(Sun) 15:37



    ナマジさん、
祝福のメッセージありがとうございます。
月日が立つのはほんとに早いです。
一度切りの短い一生、悔いのないように精一杯生きたいですね。

さて、アメリカ旅日記の間に、昨日土曜日の釣を、
週末2回分釣と離れてたので、まずは渓へ(^0^)
山は緑が深まり、渓の水はまだ冷たいものの、
水量も落ち着いて、季節は夏に向かっています。
藪こぎもなかなかタフになってきました。
春先にルートを確認していないと、どこをどう歩けば良いかわかならい状況に・・・

で、今回の釣
毎年1度か2度だけ入る取っておきの場所を歩きましたが、
どうやら今シーズン最良の釣になったかもしれません。(^0^)

朝一番の魚の反応はもう一つだったものの、
釣上って行くについて、魚の反応も良くなり
最後はルアーを丸呑みにしてひったくってくれました。

特に、写真の最後の2尾、長さは29cmと30cmでしたが、
長さ以上に、見事な体高に思わず声とガッツポーズが出ました。(^0^)
金色に輝く、ほんとうにかっこいい姿に見とれていまい・・
この2尾だけで、今年1年の渓歩きの労が報われます。

なお釣果は、イワナ20cmから30cmを10尾、
帰りに一寸だけ覗いた別の場所で、ヤマメを2尾
でも釣れた数以上の良い釣ができました。(^0^)



No.1980 おめでとうございます 投稿者:ナマジ 投稿日:2014/05/31(Sat) 08:03

    ナマジです おはようございます

息子さんが大学入ったのも最近のような気がしてましたが、月日がたつのははやいものですね。私も歳をとるはずです。

アメリカの空はからっと青くて気持ちよさそう。

若人の未来が輝かしいモノであることをお祈りします。



No.1979 アメリカ その3 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/30(Fri) 00:45



    卒業式の後で、
大学キャンパスと息子が暮らす街を案内してもらいました。

キャンパスも街も緑が多く、小鳥やリスも居て、
芝生に寝転がって、
このまま目をつむって昼寝してしまいたいような、
とても心地良い空間でした。
校舎もとても美しかったです。



No.1978 アメリカ その2 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/29(Thu) 00:16



    アメリカの卒業式と言えば、
帽子投げ(Hat Toss)

今年卒業の日本人留学生は8人
うち6人は企業から派遣の社会人留学生で、
大学からの留学は、息子と同窓のN君の2人だけだったようです。

8人其々の前途洋洋たる将来と活躍を、
心から期待したいと思います。(^0^)



No.1977 アメリカ その1 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/28(Wed) 01:20



    実は先週1週間休みを取り、
アメリカで暮らす長男の大学院の卒業式へ出席してきました。(^0^)
爽やかな晴天の下、良い卒業式でした。

祖母ちゃん、我々夫婦の3人、
そして長男も式の後、アメリカを発つ日まで付き合ってくれ、
一生の記念になる旅行ができました。(^0^)
旅日記をおいおい記しておきたいと思います。

kazuさん
大山麓は良い季節でしょうね。
往きの飛行機の窓からアラスカの山脈を見ましたが、
素晴らしかったです。(^0^)



No.1976 キャンプ 投稿者:Kazu@岡山 投稿日:2014/05/25(Sun) 08:55



    大阪単身赴任中の友人がツールド大山に出走するので、前泊をキャンプすることに。わたしは用事があったので夕方着の朝帰り。ちょっともったなかったです。釣りしたかった・・・。


No.1975 これも幸せ 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/16(Fri) 21:03



    kazuさん
ネイチャーストーブ、ちょっとお湯沸かしたりするには十分使えます。
でも、書いたとおり煤が・・・
焚火で飯盒飯炊いた時と同じです。

kazuさん言うとおり私も、魚も釣りたいですが、
渓で遊ばせてもらってるだけで十分幸せです。(^0^)
もう良い年なので、人と競って釣るのはどうも・・・
なので、サクラマスはいつも早々にリタイヤしてしまいます。ははは

それから、釣りの後の温泉
これも幸せのワンピースです。(^0^)



No.1974 おおっっ 投稿者:kazu@岡山 投稿日:2014/05/15(Thu) 19:40



    ひでさんのフォトのイワナ、白斑大きいし鼻近くまで虫食い紋入ってるし、当方が思っているゴギってこんな感じです。こんなのはまだ釣ったことないです。
今年は日野川鑑札買ったので、もしかしたら出会えるかもしれません。たのしみが増えました。

ひでさんもそうじゃないかと思いますが、当方ゴギ釣ってみたいというよりは、イワナやゴギが釣れる山渓の環境にひかれるものがあります。そんな場所歩いて好きな釣りして炊飯すればもう、しあわせでしょう!!
プラス渓には山菜・キノコありますし。
(結局この四月にはいただきもののコシアブラとタラ、タケノコがメインの山菜収穫だった。 笑)

本日は早めに書き込み。。ひでさんのネイチャーストーブ見て、すでに欲しくなっている私です。



No.1973 ネイチャーストーブ 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/13(Tue) 23:48



    それはそうと、
今回はフィッシングベストの背中ポケットに、
スノーピークのマイクロストーブではなく、
ユニフレームのネイチャーストーブ(^0^)

ガスカートリッジ要らないし、
お湯沸かすぐらいならたやすいので、
なかなか優れものなのですが、
コッヘルが煤だらけになるので、使う頻度は・・

燃料は、一番良いのは「松ぼっくり」ですが、
渓流沿いは意外に松が少なく、
杉の枯葉を着火剤にして、
落ちてる小枝を集めることが多いです。
で、煤だらけに・・・



No.1972 ゴギ 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/13(Tue) 23:38



    Kazuさん、
眠たいところ書きこみいただき恐縮です。
こちらの渓で釣れるイワナで、
頭まで虫食い紋入ってるのはこんなのです。(去年釣ったイワナです。)

一見してゴギではないかと最初は思ってたのですが、
一般に言われているゴギの生息エリアからはほんの少し外れてるのと、
イワナ本の写真で見るゴギは、
もう少し虫食い紋が大きいようにも思うので、
中間型でないのかなあと・・・・

以前に読んだ今西錦司さん、白石勝彦さん、奥村文弥さん等の本、
最近に読んだ山本素石さんの本も合わせて、
このような結論に辿りつきましたが、
でも、正しいかどうかの自信はありません、ははは

私が通う渓では、このイワナのほかに、
先に写真を載せた白班と黄班模様が目立つもの
模様がもう少しくすんだものが居ます。
たぶん、ゴギ状の模様のがこの渓の在来種でないのかなと思うところです。



No.1971 山萌えーーーっ 投稿者:Kazu@岡山 投稿日:2014/05/13(Tue) 01:57



    この時間にパソコン開いてたら明日疲れて困るだろうにしょうがないなぁ・・・。
ま、明日一日どうにかしますか。

ゴギの区別いまいちわかんないんですよ。頭まで虫食い紋入っているって言うけどどのくらい入ってるでしょうね。このイワナは大山周りのイワナで、この標高だと放流ないと思われます。全部「在来種」でまとめてます。

山も川も萌えてます。もっと若かったら「もえーーーっ」と叫んでもいいかもです。
年を考えて「山萌え〜!!!」くらいにしときます。



No.1970 記録を 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/13(Tue) 00:25



    記録を残すのが釣日記の目的の一つなので、釣れた魚の写真を・・

数えてみると、イワナ3尾、ヤマメ5尾、計8尾のキャッチでした。
一日歩いたのを考えると、
それほど良い釣果と言えないようにも思うのですが、
結構良い型が揃ったので満足でした。(^0^)

それから、最後の写真のように、
釣している時間だけでなくて、最近はついつい岸辺に目が・・はは
少し伸びた根曲がり竹(熊笹の筍)も、硬い節の部分を切り取れば十分に食べれるし、
ウドも同じく少し伸びてますが、
天ぷらにしてみたらウド独特の苦みが美味かったです。



No.1969 イワナ 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/11(Sun) 23:25



    イワナの写真も一枚(^0^)
25cm、白斑が目立つなかなか綺麗な魚でした。
この渓のイワナは、模様のパターンがいくつかあって、
これはニッコウイワナの典型模様かと思います。

ほかには、あまり白斑が目立たないものや
ゴギのように頭まで唐草模様が入ったのも釣れますが、
写真で見る中国山地のゴギほどは、
はっきりした模様ではないように思ってたところ、
最近に読んだ山本素石さんの本に、私の通う渓のイワナの記述があって、
ゴギに似た模様のイワナが居ることが書かれています。

どうもこれがこの渓の固有のイワナでないかと思うのですが、
地理的にはゴギの生息地域からは外れ、隣接した地域に棲む、
もう少し中間的なイワナのようです。

イワナ本は色々出ていて、
何冊か読んでみるとイワナの分類はなかなか奥が深そうです。



No.1968 薫風 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/11(Sun) 13:14



    風薫る爽やかな週末、
この天気で行かない訳には(笑)と、あの渓へ

イワナの写真が続いたので今回はヤマメを、
朝8時から夕方6時まで、昼を挟んで歩いたラストに来た26cm、

実は上流から地元のベテラン餌釣師が釣下って来られたのですが、
バッティングしない最後のポイントで、
ルアーがひったくられました。

互いの釣果情報を交換し、
今日はややルアーに分が有りとの結論に(^0^)



No.1967 質素で豪華な飯 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/08(Thu) 23:51



    魚の写真ももう1枚
2尾目のイワナは27cmありました。

こいつはルアー丸呑みで鰓を傷つけてしまったのでやむなくキープ、
3枚に下して天ぷらにしましたが、美味かったです。

持って帰るなら嫁さんの分もと、夕方に釣れたヤマメもキープし、
そろそろ最後のコゴミ、根曲がり竹、
山葵の葉、山蕗も少々採って帰り、
寝かしてあった鰤の腹身も塩焼きにして、
なかなか質素かつ豪華な晩飯となりました。(^0^)



No.1966 家でも外飯 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/08(Thu) 23:35



    kazuさん
連休最終日、楽しまれたようですね。
コンロの調子も良かったようでなによりです。(^0^)

私の方は、連休最終日は家でゆっくりしました。
ウェーダーとウェーディングシューズ、ベストを干して、
散らかってた釣道具と外飯道具を片づけ・・
それから、ティップの先を折ってしまった竿を1本修繕。

朝から嫁さんが買いものに出掛けたので、
昼飯は、車にいつも積んでく外飯材料から、
スパゲッティ(3分で茹でられるやつ)とカップスープを取り出して、
庭のデッキに出て食べました。
天気も良くて、これはこれで、外飯気分です。(^0^)



No.1965 野外炊事報告 投稿者:kazu@岡山 投稿日:2014/05/06(Tue) 20:44



    連休最終日の今日、友人と天神川支流に行きました。
プチ景勝地なのにヤマメ・イワナ釣れるのを友人が発見して、今回の行き先となりました。ついにガスストーブ&チタンコッフェルの野外デビューの日が来ました。(^^♪
めったに使わない顔文字まで使って喜びを表してみました・・・笑。

メニューはラーメン、コーヒー、アマゴとイワナの塩焼きです。いい連休でした。

釣果はエサ釣り&ルアー一日やってイワナ1 ヤマメ1 アマゴ1の三匹。リリースしなくても結構環境にやさしい釣りかもです。



PSジュニアバーナーはプリムスではなくイワタニの刻印でした。訂正



No.1964 雨の渓 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/06(Tue) 12:15



    雨模様となった5日は、
雨後に魚の活性が上がるのを期待してあの渓へ、

神戸を朝10時過ぎに出発し、釣を始めたのは午後2時、
時折小雨がぱらつく中、
まさに1投目にこいつが来ました。

よく太ったイワナ25cm、
前回同じ場所を歩いた時は、魚の反応がまるで無かったのですが、
季節が進み、雨の魔法もあって、
今シーズンもやっと良い釣りができました。

夕暮れまで釣遡り、イワナ3、ヤマメ2、
尾数こそ伸びませんでしたが、思った場所で反応があり、
なにより魚のコンディションが良く、満足したので、
温泉入って雨で冷えた体を温めて、ゆっくり帰ることにしました。(^0^)

ほんとは車で寝て、翌日をメインの釣日と考えてたのですが・・・

釣りはやはり、何尾釣れたや何cmが釣れたよりも、
自分が満足できる釣ができたらそれで良いですね。
釣が下手だから辿りつく悟りかもしれませんが、はは



No.1963 拾いもの 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/04(Sun) 23:00



    WILD GAMBLER 松原さん
丹後の鰤、今年はどうも凄くなってきましたね。
松原さんも山登りされるのですか、
山も渓も今はほんとに気持ちいいですね。
木漏れ日が射した新緑の渓を遡行していると、
まるで天国に居るような気になります。

ところで昨日の登山道で、こんなのを拾いました。
何か使い道あるかなあ(^0^)



No.1962 GW 投稿者:WILD GAMBLER松原  投稿日:2014/05/04(Sun) 12:11

    ホント、丹後の鰤爆発してますね^^

山登り、渓流、いいですね〜^^

うちも毎年家族で近所の山に弁当持参で登山していますが、ホント、新緑の山は気持ちがいいですね^^

渓流釣り、興味津々です^^また、綾部の渓流にもご指導兼ねて遊びに来てくださいね!



No.1961 蘇武岳 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/04(Sun) 11:53



    連休後半初日は、
連休中で一番天気よさそうだったので山歩きの日としました。
故植村直巳氏が愛した山と紹介される「蘇武岳」
去年に地元の蘇武岳ファンクラブの方々が、
南側からアプローチする新しい登山道を整備したとの記事を読んでたので、このルートを歩くことにしました。

夜中に家を出て、登山口傍の「道の駅村岡」に車を停めて一眠り・・
8時過ぎに起床、コンロを出して、ハムトーストとスープの朝飯を食べて、
9時頃、ゆっくりめのスタートとしました。

稜線歩きなので、結構風が冷たく、途中でぱらっと小雨も降ったのですが、
山頂につく頃には良く晴れて、眺望もよかったです。

写真では、左奥に氷ノ山、
右奥には扇ノ山が見えますがわかるでしょうか(^0^)

Kazuさん、
雪を被った大山、綺麗ですね。
大山も行先候補でしたが、中国道混みそうだったので断念しました。
イワナ2匹、ヤマメ1匹、ゆったりと良い釣果ですね。(^0^)



No.1960 連休2 投稿者:Kazu@岡山 投稿日:2014/05/02(Fri) 20:40



    鯉のあと、渓流入りました。
十数年ぶりに買った鑑札を背に、とことこ山の中に。
雪解けのゴーゴーと流れる水は冷たくてわさびが群れて花をつけていました。
イワナ二匹とヤマメ一匹。よかったです。

明日からの休み、やっぱり釣りに行きたいですね。



No.1959  投稿者:ひで 投稿日:2014/05/01(Thu) 23:51



    WILD GAMBLER 松原さん、
地元の丹後沖は、まさにブリフィーバーになってきましたね。
ベイトがシラスになって、ジグ喰わなくなる頃まで、
今年は何kgのが揚がるでしょうか(^0^)

29日の釣、
私の方は、最初出遅れてなかなか焦りましたが、
なんとかヒットパターンに辿りつき
写真のブリは、写真記録では午前11:44分でした。

さて、明日働けば連休後半戦、
嫁さんと山歩きを一つ、
それからやはり渓歩きも(^0^)



No.1958 ありがとうございます 投稿者:WILD GAMBLER松原  投稿日:2014/05/01(Thu) 23:22

    皆様、ダイナご愛用ありがとうございます。

初鰤ダイナで釣っていただき光栄です^^

今後とも宜しくお願いいたします。

今年は明石のジギング行ってみたいと思っています。

また、機会があればよろしくお願いいたします^^



No.1957 3号 投稿者:ひで 投稿日:2014/05/01(Thu) 22:02



    Y氏(猿3号)もジギング初メジロをキャッチ(^0^)!!

Y氏は、グレ、チヌの名手で、
磯のふかせ釣り、秋の一文字の釣でお世話になってます。
淡路島N船長の釣でも常任メンバー(^0^)



[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

271件〜300件(全2,253件)
/→  5 | 6 | 7 | 8 | | 10 | | 12 | 13 | 14

Powered by WebSpace