13409
Message board & my diary

[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

No.2186 三種盛り 投稿者:ひで 投稿日:2016/02/11(Thu) 17:56



    持ち帰ったグレ、カワハギ、タカベは、
刺身盛りにしておいしく頂きました。

右から、カワハギ、タカベ、グレ
奥はカワハギの肝の湯引きです。



No.2185 再び宍喰へ 投稿者:ひで 投稿日:2016/02/11(Thu) 17:52



    初釣りで、小グレ一枚に終わったので、リベンジを計画してたのですが、天気や仕事の都合で出撃できず、
2月の最初の土曜にようやく行くことができました。
再び、宍喰の磯へ(^0^)

今回も一番船で竹ケ島の磯に渡してもらいました。
船着き周辺で3人が竿出せる場所で、船長の指示で、私は右に入らせてもらいました。

潮は右から左に、かなり早く流れ、沖の沈み根にはサラシが良く出ていて、なかなか雰囲気は良さそうです。
でも、この位置から撒き餌打つと、撒き餌は左手でされてる二人の前あたりに溜まるような、、、(汗)
逆に流れてくれるともっと良いのですが、一日中この向きでした。

仕掛けを作り、撒き餌を打って浮きを流すと、一投目にいきなり浮きをひったくったのはタカベ
その次が20センチぐらいの木っ端グレ、
魚の気配はプンプンしてるので、期待が高まったのですが、
結局餌取りに刺し餌を取られる一方になり、あの手この手を使ってみたものの、餌取りの方が一枚上手でした。

カワハギが2尾ほど掛かったので、たぶん餌取りはこれかなあ。

やむなく、カワツエビを剝いて塩したのを持って来たので、これに変えると、
浮きがスーっと入り、良型を確信しましたが、足元の根に入られハリス切れ、、、
思わず声が出ました。

ハリスを1.2号に落としてたので、1.7号に代えて同じポイントを流すと、再び浮きが入り、
こんどこそと竿を立てましたが、またしても足元に潜られハリス切れでした、残念(涙)

そこで、あたりがぱったり止まり、弁当船に乗っておかみさんが弁当持ってきてくれたので、
早弁にして、しばらくポイントを休ませることにしました。

しかし、昼飯の後もしばらく餌を取られるだけの状況で、今日はボウズかもと思い始めた頃に、
再び魚の気配が出て、
浮きをスパッと沈めたのは、サンノジ(汗)
でも、サンノジが掛かるのはタナは合ってるはずだと、
しつこく流して、ようやく写真の一枚をキャッチしました。

初釣りに続いて30センチ弱の小グレですが、
ボウズでなくて、ほんとに良かった。

なんとか、引きずり出した1枚なので、
良い練習にはなりました。(^0^)



No.2184 初釣り その2 投稿者:ひで 投稿日:2016/01/18(Mon) 20:03



    やっと糸口の一つができたものの、
時々浮きを沈めてくれるのは、20センチに足らない木っ端の尾長ばかり、、
やっと竿を満月に曲げてくれたのは、
こいつ、イガミ。

カワハギも追加して、鍋の材料を確保し、2時半の迎えの船で納竿となりました。(^_^)

足元でなく、沖できちんと釣れるように、まだまだ修行です。



No.2183 初釣り 投稿者:ひで 投稿日:2016/01/18(Mon) 20:01



    遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
久し振りに家族が揃った正月も過ぎて、
息子達もニューヨークと札幌へ戻っていきました。
また、夫婦だけの静かな生活です。

さて、土曜日には今年の初釣りに。
いつもの年は、S師匠と牟岐の磯へ行くのですが、今年は日が合わず、
単独、牟岐より少し南の宍喰の竹ケ島の磯へ渡って来ました。

6時20分の船、まだ薄暗い中で準備して、先ずは撒き餌を打ってみると、
山盛りのエサ取りの気配(汗)
トウゴロウイワシに、キタマクラ、、、

浮きが馴染む前には餌が無く、撒き餌を足元と沖に撒きわけたり、ガン玉追加したり、針を替えたりと色々とやってみましたが、餌取りの正体が分かっただけでした。(汗)

針のすぐ上に4号のガン玉を打って、無理やり沈めて、ようやく足元で浮きがスッと入り、
写真の尾長グレ、
30センチあるかどうかのサイズでしたが、
初釣り坊主は回避して、ほっとしました。(^ ^)



No.2182 良いお年を 投稿者:ひで 投稿日:2015/12/30(Wed) 19:39



    巷で大人気のジグ、DYNAのWILD GAMBLER 松原さんから、
ロゴを入れた写真を送って頂きました。
ロゴが入ると、ちょっと釣りが上手そうな人に見えるような。笑
年末ジギングで、DYNAで鰤を釣って写真を載せる計画でいたのですが果たせなかったので、
今年はこの写真で、年越しをさせて頂きます。
皆さん、良いお年をお迎えください。



No.2181 恒例年末ジギング 投稿者:ひで 投稿日:2015/12/30(Wed) 19:28



    仕事の都合で、釣り日記が久しぶりになりました。
この間も釣りには直々行ってるのですが(汗)
今年のしめに、とりあえず年末の日本海ジギング
もうかれこれ15年以上、年末はいつものメンバーで、丹後のハピネスさんでのジギングで締めくくっています。
天候で出られない年も多いのですが・・・
今年はなんとか出ることができました。(^0^)
ただし、かなりドタバタの海で、
釣果のほうも、今まででワーストの状況だったなと参加者皆で頷き合いました。涙

写真は今回初参加のO氏、
実は高校時代の同級生で、最近よく一緒に遊んでくれます。(^0^)
初ジギング爆釣と行きたかったのですが、
なんとかハマチ2本キャッチ、
でも、ボウズでなくて良かった。

私は、ハマチ1、サゴシ1、サバ2でした。



No.2180 一生ものの魚 投稿者:ひで 投稿日:2015/11/20(Fri) 21:32



    大猿K氏から、
「獲ったぞー」とラインに(^O^)!!
通い詰めた室戸沖
20キロオーバーのカンパチ
おめでとうございます
一生ものの魚
素晴らしい



No.2179 明石ジギング部11月2日号 投稿者:W氏 投稿日:2015/11/08(Sun) 06:11



    ハマチ〜ツバスが3尾でした!

いつもとは異なるパターンを見つけるまでに時間がかかりましたが、潮のハヤリに3尾確保!
4人で8尾という厳しい状況のなか、平均点はなんとかクリアです。



No.2178 季節限定 投稿者:W氏 投稿日:2015/11/01(Sun) 16:46



    「時間が美味しさを作り出す食材シリーズ」

今年の仕込みを始めましたよ〜!!



No.2177 終渓 fin 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/24(Sat) 22:42



    そして、今シーズンのラストは、やはりイワナが相手してくれました。
ここまでと決めたドンつきの堰堤下のプール
27センチの良型、元気にプールへ帰っていくのを見届けて、
気持ちよく竿をたたみました。

今年は、終ぞヤマメの良型は見れなかったのですが、
イワナは、自己記録も更新したし裏切りませんでした。

はやくも、来年の解禁が待ち遠しく、はは

w氏、鰤類は寝かせたら美味しいですね。
触らずに、そーっと寝かすのが、コツですね。



No.2176 明石ジギング部号外 投稿者:W氏 投稿日:2015/10/23(Fri) 06:23



    3日間チルド室で熟成したメジロで寿司握ってみました。

醤油をはじく脂
噛むと固すぎない張りのある弾力
山葵が引き立てる旨みと米の甘味

幸せ広がる味わいです!!

残り半身はさらに5日熟成してからどうなるか楽しみたいと思います



No.2175 終渓 その9 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/22(Thu) 23:37



    午後のスタートで、ようやく2尾目のヤマメ
小さいですが、それでも嬉しい1尾、
元気に流れに帰っていきました。



No.2174 終渓 その8 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/22(Thu) 23:34



    昼飯にレトルトのカレーを温めて、
ゆっくり食後のコーヒー飲んで、小休止



No.2173 終渓 その7 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/22(Thu) 23:28



    一尾目の後も、チェースは時々あるものの、
どうも追いが悪く、踏み跡も残ってるので、
やはり先行者があるような気配でしたが、
それも想定のうち、最終日、気長に釣り上がることにしました。
こんな、景色を釣り上がるだけでも、充分満足です。(^o^)



No.2172 終渓 その6 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/21(Wed) 23:38



    W氏、メジロ2本良かったですね。
今年は、出撃回数が少ないのでは^_^

私の方は、まだ9月の釣りの続き、汗
さて、最終日
どこに入ろうか思案して、本流筋のヤマメは諦めて、支流に入ることにしました。
朝のコーヒーを沸かし、テント片付けて、ゆっくり目のスタート

ひょっとしたら、すでに先行者がいるかもしれないなあと思いながら、
ほどなく、1尾目は写真のヤマメ

小さいながら、最終日も、これで肩の荷が降りました。^_^



No.2171 明石ジギング部10月19日号 投稿者:W氏 投稿日:2015/10/19(Mon) 21:11



    きょうもリハビリ鉛操会してきました。

メジロ2尾
66cm 3.3kg
65cm 2.7kg

中盤までかなり厳しい戦いでしたが、最終的に結果を出せて満足です!

かなりテクニカルな秋パターン攻略がカギですよ!!



No.2170 終渓 その5 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/12(Mon) 23:24



    しかし、その後はまた沈黙で、小ぶりのアマゴを一尾追加したのみで、この日も終了。
昨日、今日と、どうも先行者があったように、、、

シーズン終了前の五連休なので、仕方がないところだと思いますが、
でも、例年はこの時期は他の釣り人に出会うのですが、今回は会わなかったのに、、、

今夜は、最後の夜なので、テントを渓の傍に張りました。



No.2169 終渓 その4 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/08(Thu) 23:14



    やっとヤマメの顔を見ることができて一息。

ほどなく、竿を曲げてくれたのは
良型のイワナ、26センチ

今年は、どうもヤマメが釣れず、
イワナに慰めてもらうことが多く、
今回もやはりそうなりました。
まあ、この時期は先に産卵に入るヤマメの方が、
ナーバスになって、ルアーをあまり追わなくなるのと、
今年は、水温下がるのが早い気がするので、尚更かもしれません。



No.2168 終渓 その3 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/07(Wed) 22:36



    2日目も朝から良い天気
明け方はかなり冷えて、
結局ゆっくりスタートになりました。

そのせいか、午前中はまたもノーキャッチ
この状況では、来シーズンは大丈夫だろうかと
少し心配になってきました。

秋色のヤマメを釣りたくて、少し下を歩いたのですが、
諦めて、午後はイワナの渓へ
そこで、ようやくキャッチしたのは小ぶりのヤマメ
小ぶりでも、少し婚姻色が出てました。



No.2167 終渓 その2 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/07(Wed) 22:19



    晩飯はこれ
ビーフシチューにスモークチキン
ポテトサラダ(^○^)



No.2166 終渓 その1 投稿者:ひで 投稿日:2015/10/07(Wed) 22:15



    W氏、少々辛いジギングだったようですね。残念。

渓流最終釣行を書こうとしてて、また遅くなってしまいました。
さて、3日間の初日、
嫁さんを、高速バスの停留所に見送って、さあ渓へ
昼になったので、まずは腹ごしらえしてから午後からのスタートとなりました。
連休中で、この季節はもう一度釣人が増えるので、
多分、午前中に誰かが歩いてるだろうなあと思いながら、、、

で、そのとおりの状況だったのか、
小さいヤマメを2尾ばらしたのみで、ノーキャッチ、涙
まあ、あと2日あるので、はは
この日の夜は、車停めた側にテント張りましたが、山の中は結構冷えました。



No.2165 明石ジギング部10月6日号 投稿者:W氏 投稿日:2015/10/07(Wed) 05:50



    きょうもリハビリ鉛操会してきました。

大物がきたら手が痛くなるかもと冗談言ってたら、本当に小物だけになってしまい、残念!

10月のマルアジは油ノリノリで、塩焼きサイコーです!
この季節ならでは味覚狩りで楽しめたー



No.2164 シルバーウイーク その3 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/28(Mon) 21:06



    滝への遊歩道には、小沢が流れ込む場所に、こんな立て看板がいくつもありました。
外国人も結構来るのか、英語併記されてましたが、
「滑落注意」と堅苦しい日本語で書くより、
英語にある「表面滑るよ」の方が、リアルでわかりやすいなあと、はは
日本も外国人の観光客が随分増えて、
ニュージーランド人とドイツ人とかは、アウトドア大好きなので、
この看板立てとかないと、登る奴が出てきて危ないのかもしれないなあ。(^0^)



No.2163 シルバーウイーク その2 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/28(Mon) 21:00



    2日目は、大屋まで車で出て天滝へ
天滝は日本の滝百選に選ばれる滝で、そのなかでも4番目の滝だとありました
が、確かに素晴らしい絶景。
太陽の光が岩肌を滑る水飛沫をキラキラ輝かせて綺麗でした。
滝まで、駐車場から小一時間のトレッキングも程よくて、
天気にも恵まれ、時間を忘れしばらく見とれてました。(^0^)



No.2162 シルバーウイーク その1 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/28(Mon) 20:58



    すたちけんさん、W氏、ご無沙汰しています。
お二人とも、この秋も良い釣りスタートされてますね。
浮き釣りもジギングも良い季節になってきました。
私の方は、シルバーウィーク後半の3日間、今シーズンの渓流納めをしてきまし
た。(^0^)

その前に、シルバーウィーク初日は、9月に解禁した紅ズワイガニを味わう香住ガ
ニ祭りが開催されたので覗きに、
紅ズワイガニは、松葉ガニで知られるズワイガニよりも深い海で獲れる、文字どお
りズワイガニより紅い色をした蟹で、
兵庫県では香住でのみ水揚げされ、香住ガニと呼ばれています。
ズワイに負けず美味しい蟹なので、最近は人気がうなぎ登りで、
今回の祭りでも販売用に用意した約3000枚のカニが1時間少しで完売となった
そうです。
地元の民宿でも、11月6日の松葉ガニ解禁までのこの時期は、香住ガニ料理が名
物料理となっています。

祭りで、地元の鮨屋特性の香住かに寿司ほかを手に入れて、
神戸から高速バスに乗って嫁さんもやってきて、夜は香住ガニを堪能しました。



No.2161 明石ジギング部9月18日号 投稿者:W氏 投稿日:2015/09/19(Sat) 20:53



    骨折治療の一環として、リハビリ鉛操会してきました。

メジロ 2尾
 62cm 2.4kg
 62cm 2.4kg
ツバス 1尾
マダイ 2尾
 60cm 3.0kg
 33cm (鯛めし用)

初秋らしいテクニカルなジギングが楽しめました!
また、行きた〜い



No.2160 こんなのも・・ 投稿者:すたちけん 投稿日:2015/09/18(Fri) 20:59



    単身赴任の「アフター5」を、存分に満喫されてますね。
こちらは、ぼちぼち秋のチヌが面白いかと、夕方から攻めてみました。
ちょっと沖目の底をはわせば、何か雑巾か座布団を引っかけたみたい・・。姿を見せたのは、マゴチでした。
暗くなって、電気ウキを沈めてくれたのは国東半島のチヌ。 よしよし。
南淡路のチヌも、まもなく面白くなるでしょうなァ・・。



No.2159 仕事終わりのライトタックル 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/03(Thu) 21:55



    波が出たらこんなのも


No.2158 仕事終わりのライトタックル 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/03(Thu) 21:54



    こんなのも


No.2157 仕事終わりのライトタックル 投稿者:ひで 投稿日:2015/09/03(Thu) 21:53



    こんなのも


[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

91件〜120件(全2,272件)
/→  1 | 2 | | 4 | | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

Powered by WebSpace