13039
Message board & my diary

[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

No.2090 良いお年を 投稿者:ナマジ 投稿日:2014/12/26(Fri) 00:17



    ひでさん絶好調ですね。私も今年は好釣でした。

少し早いですが、来年もよいお年をお迎えください。



No.2089 腹身 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/25(Thu) 00:38



    ブリ、サワラ三昧の毎日です。
ブリの腹身は脂が乗ってトロトロ、
刺身を2切れも食べたら、それだけで堪能です。
熟成させつつ、少しづつ楽しんでいます。



No.2088 サワラも自己記録更新 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/24(Wed) 01:00



    サワラ、1m、5kgも何気に自己記録更新です。(^0^)!!
今までの記録は、
10年ぐらい前に明石海峡で釣った、確か96cmだったかと思うので、
先日はメバルのショア記録更新したし、
2014年は秋の不調から、年末になって尻上がりとなり、
釣りお猿も、1年を通せば帳尻が合うものです。(^0^)

私のサワラも良型でしたが、
K氏のサワラ、105cm、7.13kgは、
体高があって、たぶん私が今まで見たサワラで一番特大、
すごい面構えでした。
O氏の鰤も、自己記録更新でした。おめでとう!!
メンバーで今まで一番鰤釣ってるおのころ氏は今回割食ってしまいました。
でも、皆それぞれ一発大物の夢を見て、楽しい釣りができました。
また、来年もこの船乗りたいものです。



No.2087 鰤 自己記録更新!!! 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/23(Tue) 01:25



    日曜日は大猿のK氏のお誘いで、
南あわじから出港する正和丸で鳴門海峡へ出撃してきました。
メンバーはK氏、おのころ氏、O氏、私の4人、
選りすぐりのお猿揃いです。(^0^)

実は、悪天候で同船の予約を2度続けて外し、
3度目の正直で出港することができました。
この時期に出港できれば大物の可能性が高いので、
期待満々での出港、果たして、
2014年を締めくくる、記憶に残る釣となりました。

写真の鰤は、12.0kg、102cm
自身初の10kg超えで、
この鰤はひょっとしたら私の生涯記録になるかもしれません。

ヒットするなり止まらず、50m以上ラインを出され、
良型を確信し、ばれないように心に念じながら、
時間を掛けてファイトさせて貰い、無事キャッチできました。
船長の操船技術に助けられ、
良い地合の大切な時間を独占するところを、
同行の3氏も快く応援してくれて有難かったです。
さすがお猿仲間です。ありがとう(^0^)



No.2086 食い意地 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/20(Sat) 22:22



    大メバルはどうやって食べようか、
考えた挙句、定番の煮付けに落ち着きました。
ガシラは酒蒸しにして、いずれも美味かったです。

20cmほどの食べ頃メバル3尾は、
予定通り一夜干しにしました。
この一夜干しがまた美味かった。(^0^)

さあ、明日は久しぶりのオフショア出撃です。



No.2085 特大メバル 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/14(Sun) 23:07



    すたちけんさん、
九州へは無事帰られたようですね。
今年も一緒に釣できるかと楽しみにしてましたが残念でした。
来年また是非お願いします。

半グレさん、
またも日振行ってこられましたか、しかもこの冬型の天気の中で・・
お互い猿ですなあ(笑)
グレ鍋、皮の下のゼラチンが美味いですよね。(^0^)

という私も、
天気予報ではこの冬一番の寒気とある中で、
金曜の夜から淡路島のマイポイントへ出撃してきました。

先週作った小メバルの一夜干しが美味かったので、
こんどはまともなサイズのメバルを釣ってやろうと・・
いつもの釣具屋で、シラサエビ3杯を買って、
夜中の2時に釣場へ着くと、釣人ゼロ(笑)
さすがに寒風吹き荒れる夜中の防波堤で釣りする猿は私だけでした。ははは

しかし、がんばってる猿にだけ釣の神様がほほ笑むこともあって、
写真のメバル、29.5cm、550gは、陸メバルの自己新記録です。
1.2号の磯竿では抜けなくて、タモ網使いましたが、
揚げて見てびっくり、ハリス0.8号だったので、無理しなくてよかったです。
ビッグママだったので、ほんとは放してやりたかったのですが、
そこまで出来た釣り人にはなれませんでした。すまんすまん。

ガシラも1尾、良型が釣れ、
誰も居ない防波堤で鼻水垂らしながらシラサエビ撒いた甲斐がありました。
なお、夜が明けてから、一眠りして、フカセ釣りに変えましたが、
コッパのみで、風邪引く前に退散しました。



No.2084 グレはこれで・・・ 投稿者:半グレ  投稿日:2014/12/13(Sat) 21:05



    凝りもせず、日振島にグレ釣りへ。2日間の予定でしたが、荒天で日帰りしました。大型は出ませんでしたが、30cm級を10枚ほど。この時期のグレは・・・鍋でいただきます。柔らかいのに身が崩れず、味も良く、一緒に入れた野菜が大変おいしくなります。


No.2083 お世話になりました! 投稿者:すたちけん 投稿日:2014/12/10(Wed) 22:26



    訃報の素早いご連絡をいただいたおかげで、不義理をすることなく、大助かりでした。 感謝!

で、8日早朝、南淡路の某波堤で半年ぶりで竿を出しましたが、寒いの何のって!
「これ、淡路の寒さかァ?」
しかも、海の中も真冬そのものでした。 
「全然、アタらん!」

そのうちにスパっ!と音を立てるような消し込みが何度かあり、小グレながら6尾だけ 竿を曲げてくれました。磯竿の1号5mですから、引きが十分に楽しめました。

次のシーズンには、ぜひともお声掛けさせていただきます。このたびはお世話になりました。
では、また。



No.2082 猫の餌を横取り 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/09(Tue) 01:01



    小メバルほかは、勿論猫のにゃーちゃんに釣ったのですが、
少しだけ横取りさせてもらいました。はは

小魚鍋も美味かったですが、やはり一夜干し
これがなかなか(^0^)!!
少しましなサイズ釣って、今度もう一度作ろうと思います。



No.2081 鬼の道 投稿者:ひで 投稿日:2014/12/08(Mon) 00:48



    この週末、土曜日はほんとに寒い一日でした。
しかし、猫の餌釣という大義名分を得て、
既に小物釣の猿化している私は、
釣には最悪の天気予報をものともせず出撃してきました。

さすがにこの天気では釣り場独占かもと思ったのですが、
私以外にも猿やあほが沢山居ることを確認しました。
この寒いのにほんとにご苦労ですなあ、はは(汗)

しかし、釣果はご覧のとおり・・・
夕まずめ、さあこれから地合がと思った頃に、
西風がますます強くなって、たぶん体感気温はとんでも無く低く、
震えが止まらなくなり、ほうほうのていで撤収しました。
これ以上釣するのは、猿やあほを通り越して鬼の道
私にはまだ歩けそうには・・・
車のヒーター最強にして飛んで帰りました。
ほんとに寒かった。



No.2080 4度猫の餌を釣りに晩秋の小物釣 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/30(Sun) 20:16



    この週末は4たび、猫のにゃーちゃんの餌釣へ
とは言え、小魚釣りは小魚釣りでなかなか面白くて、
ついつい通ってしまうというのもありそうです。(^0^)

今回はサビキ仕掛けだけでなく、前回より多めにシラサエビを持って、
小メバル狙いの浮き釣仕掛けをメインにしました。

前線が通り、昼まで雨の天気予報だったので、
家で昼飯食べてから支度をして、ゆっくり出掛け
釣り場についたのが午後2時半過ぎ、
落ちキス狙いの投げ釣り&サビキ釣をされてるご夫婦の横に座らせてもらい、
まずはサビキ仕掛けをつくりましたが、
反応悪く、たまに竿を曲げてくれるのは小メバル・・

それならと、浮き釣仕掛け替えて、
日がどっぷり暮れて、電気浮きを灯すまで、
お隣のご夫婦と楽しく雑談しつつ、
私は小メバルを50尾ほど、小魚釣を堪能しました。

猫の餌釣ってると言うと、お隣さんが、
ウミタナゴやアブラメ、ハゼ、小アナゴなどを私のバケツに入れてくれました。
またどこかの釣り場でお会いしたいものです。



No.2079 札幌ビール園 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/29(Sat) 12:50



    晩飯は札幌と言えばやはりここ、
札幌ビール園

もう10年少し前になりますが、
家族連れて北海道キャンプ旅行に行った時に、
私の学生時代にお世話になった下宿のおばちゃんが、ここでご馳走してくれました。

今はもう他界され、下宿も駐車場に変わってしまいました。
もう少しだけでも元気にされてたら、
その時まだ小学生だった次男の大学入学を、
きっと喜んでくれただろうにと思うと残念です。

さて、ビール園
4人で、ジンギスカン食べ放題、飲み放題を頼み、
私一人で、全員分の元取ったような(笑)・・
メタボ指導講習を受けてる最中なのに(汗)・・
ラム肉は脂分が少ないので、いくらでも食べれます。美味いし!!

お代りを何度も注文してたら、
最初は小皿で少しづつ持ってきてくれてたのですが、
最後は大皿でドンと、
もちろん、この皿も完食しましたが、
このへんで許しておいてあげました。はは



No.2078 クラークカレー 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/27(Thu) 23:18



    時間を2週間ほど少し巻き戻して、
この紅葉は、大陸の紅葉に近いものかもしれません。
義母と嫁さん私で、次男が暮らす札幌へ行ってきました。
近くに居ながらなかなか親孝行もできないので、
思い立って、旅行に誘いました。
義父は用事があって、残念ながら今回は参加できませんでした。

写真は、次男の学ぶ大学の校内、
大きなイチョウの木が色づき、落葉にぎりぎり間に合いました。
この後、次男と合流して、大学内を案内してもらい
中のレストランで名物「クラークカレー」を頂きました。

実は私は次男の先輩になりますが、
私が学生の頃はこんなレストランはなく、
学食のメニューは、エルム定食とカレッジ定食だったかなあ・・

この日は端から端までよく歩きましたが、
義母も、初めて見るキャンパスの散策を喜んでくれました。



No.2077  投稿者:ひで 投稿日:2014/11/26(Wed) 00:00



    3連休の中日の日曜は嫁さんと、
有馬の瑞宝寺公園から六甲森林植物園へ
紅葉のはしごをしてきました。
どちらも神戸では紅葉の名所として知られる場所です。
夕暮れにライトアップされる時間までゆっくりと過ごし
深まる秋を堪能しました。

外国の方と話をすると、
彼の国でも、もちろん秋になれば山が燃え、
美しい紅葉が見られるそうですが、
でも日本のように鮮やかな紅い色は無いと聞きました。

この紅は、自然のものでなく、
日本人が長い時間を掛けて作り上げてきた景色で、
この国に生まれて良かったと思うひと時でもあります。
春には大改修が終わった姫路城の桜を見に行きたいなあ。



No.2076 グレ気配なし 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/25(Tue) 00:22



    半グレさん
限られた休みとお小遣いをやり繰りしての遠征、
40up頭に30枚ですか、良い釣りしましたねえ!!
是非また、磯グレもご一緒させて下さい。(^0^)
私もそろそろ、うずうずしています。

で今日の私の釣果
午後から淡路島のマイポイント
磯に行けなくても、せめて波止グレを釣りたかったのですが、
コッパも掛からずオセンの嵐、グレの姿すら見えませんでした。
どこかへ群れが移動したのでしょうか・・
これではいかんと、内向きに釣座を変えて、
20cm程のマアジ10尾をなんとかキャッチで、ぼうずだけは逃れました。
アジはさっそく刺身にして生姜醤油で美味しく(^0^)

ところで、「半グレ」って、えらい名前にしましたねえ(^0^)



No.2075 グレシーズンインです 投稿者:半グレ  投稿日:2014/11/23(Sun) 20:06



    いよいよ磯グレシーズン到来したようですよ。
11月21〜22日にかけて愛媛県の日振島に行ってきました。2日間で40cmUPを筆頭に30枚釣りあげました。
ひよかじさんにジギングを教わり、ジギングおさるになっていましたが、本業の磯グレに通い詰めになりそうです。



No.2074 三度 猫の餌を釣りに 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/22(Sat) 23:56



    この土曜も、いそいそと猫の餌を釣に(^0^)

実のところ、先週釣れたサッパのママカリが美味くて、
またサッパを釣りたいというのもあったのですが、
この手の魚は思うようには釣れないもので、
サビキに反応してくれるのはヒイラギのみ・・
念のためにと、買ってきたシラサエビをサビキ仕掛けに付けて、
なんとか前回よりも数は稼ぐことができました。

煮付けサイズのメバル2尾とカワハギの他は、
ほんとならリリースすべき小メバルばかりでしたが、
家で待ってる猫が居るので、今回はキープさせてもらいました。
釣バケツ覗きに来る人がいるたびに、言い訳をしてました。(汗)

さあ、こんどは何曜まで持つだろうか、はは



No.2073 お疲れ様でした 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/20(Thu) 00:50

    WG松原さん
お疲れ様でした。ありがとうございました。
夕闇迫る集合写真は、
一日ジグをしゃくった心地良い疲れが皆の顔に出て、
なかなか良いですね。



No.2072 ありがとうございました! 投稿者:WG松原  投稿日:2014/11/19(Wed) 23:46



    先日は、WILD GAMBLER杯ご参加いただき、本当にありがとうございました。また、企画しますので宜しくお願いいたします!


No.2071 猫の餌を釣りに 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/19(Wed) 01:07



    遡って土曜日は、
最近我が家に居付いている、にゃーちゃんの餌を釣に・・
前回はミッション失敗してしまったので、
今回は手堅く、アミエビ持ってサビキ仕掛けとしました。

さらに、ふかせ釣用に冷凍庫で凍らせてた、
カワツエビのむき身も持って(^0^)
このむき身が威力を発揮して、なんとか写真の釣果となりました。

マイワシ、サッパ、マアジ、ウミタナゴ、メバル、チヌ
サッパだけ、ままかり用に失敬したものの、
これだけあれば、暫く大丈夫だろうと思ったのですが、
火曜日の今日には、にゃーちゃん全て完食(^0^)
うーむ、また釣にいかねば、はは



No.2070 1st WILD GAMBLER CUP 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/18(Tue) 01:22



    この日曜日は、
私の一番ジグになりつつあるダイナを作ってる
WILD GAMBLERさん開催の第1回WILD GAMBLER CUPに、
お猿仲間のO氏、Y氏と参加してきました。
場所は丹後沖、
船は西舞鶴から出るシーホーク号とアルカデイア号の2隻に分かれて、
我々はシーホーク号に乗船しました。
出船前に、ダイナを1本とかっこいいステッカーを参加賞で全員が貰って、さあ出港!!
優勝賞金も出るようなので、ジグをしゃくる手にも力が入ります。(^0^)

しかし、天気は味方してくれたものの、
魚の活性はからっきしだめで、
お昼を過ぎた時点で、船中サワラが1本のみ・・
ポイントを少し変えて、午後からはなんとかポツリポツリという状況でした。

そんな中でも、鰤が2本あがり、
皆それぞれにわずかなヒットをものにして、なんとか小メジロをキャッチ、
我々メンバーでも、O氏がメジロ2尾キャッチして、
おっさんトリオの面目を保ってくれました。

え、私?
午後のファーストヒットで、たぶん良型をやっと掛けたのに、
ドラグの出方が気になって、少し緩めようとした際に、
波と船の動きが重なって一瞬テンションが抜けてしまい、ばらし・・・
最後の最後にやっとハマチ1尾で、ぼうずだけはなんとか・・はは
Y氏もかなり大物掛けたのに、逆にドラグ締めようとしてバラシだったようです。
Y氏も私も、忘れられない悔しいバラシになりそうです。
まあ、でも一日楽しく遊べました。

実は競う釣りは苦手なのですが、2nd CUPでリベンジしてやるぞと、早くも待ち遠しいです。(^0^)

松原さん、ありがとうございました。
参加賞や賞金まで出して、赤字だったのではと心配ですが、
お陰さまで楽しい釣りでした。



No.2069 おせん 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/09(Sun) 17:31



    この週末は、またも淡路島の波止へ
今シーズン4度目、どうやら猿化が進んでいます。笑
今回は釣りの楽しみの他に、一つミッションがあって、
家に通ってくる猫のニャーちゃんの餌の確保、
容易いはずだったのですが・・・
思うようにはいかないのが釣、はは

前夜から北東の風が吹いてたので、水温が下がったのか、
餌取りも含めて、グレの姿が少なく、
おせん(ススメダイ)の猛攻と、たまに浮きが入ると良く太ったヒガンフグ・・
キープはこのサンバソウ1尾
20センチ強ですが、なんとか刺身にできる大きさだったので、
スカリに活かしておいて、きちっと〆て持って帰りました。
ポン酢で頂きましたが、小さくてもイシダイ、やはり美味かったです。

しかしニャーちゃんの餌、このままでは困ると、
このポイントを早めに諦めて、サビキのアジが釣れてるところがないかと、
車を走らせ、いくつか見て回ったのですが、
サビキしてる人のバケツ覗いても、おせんしか入って居ませんでした。

おせん釣っても良かったのですが、
おせんの名前の由来は、
おせん殺しと言って、その昔おせんさんが、
この魚の骨を喉に詰まらせて亡くなってこの名前が付いたと聞いたことがあるので、
(たしかに小骨が多い魚です)やめておきました。(^0^)
しかたなく、浮き釣を続行、
夕闇迫る頃にようやくアジが回ってきて、じわーっと浮きが入り
3尾でしたが、20cm弱の波止釣ではなかなか良いアジでした。

これも夕飯の刺身になり、ニャーちゃんにはアラしか・・・
もうちょっと、山盛り魚食べさせてやりたかったのですが、はは



No.2068 アラはにゃーちゃんに 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/04(Tue) 23:54



    持ち帰ったグレは、
刺身とフライにして美味しく頂きました。
このサイズはさすがに脂の乗りは期待できないですが、
そこは鮮度で勝負、
活ってる状態で、歯ごたえのある食感を楽しみました。

アラは、最近家に通ってくるニャンコ(嫁さんがにゃーちゃんと名付けました)に・・(^0^)
このニャンコは、耳の先を桜型にカットされている地域ネコの1尾です。



No.2067 秋波止の釣り その3 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/03(Mon) 22:23



    連休2日目は、再び淡路島の波止へ
この秋3度目です。

外海の沖磯のように、わくわくする期待はないものの、
(しかし、わくわくするだけに終わることが大半、笑)
気軽に出来るので、ふかせ釣の練習には良い釣り場です。

今回も夜中に家を出て、道中の餌屋でオキアミ1枚買って、
沖アミを溶かしがてら、車で朝までぐっすり眠り、
ゆっくりと朝8時頃にスタート、
開始早々になかなか小気味よく浮きが入り、
これは前回に続いて良型でるかもと、思ったのですが、
気が付けばいつもの通り餌取りに囲まれ、
餌取りとの攻防に始終することに・・・(汗)
まあ、これがなかなか良い練習です、ははは

釣果は、この場所この時期のレギュラーサイズ、
20〜24cmを10尾キャッチ
それなりに楽しむことはできました。

ところで、
ついに私もi Phoneデビューしたので、
釣の最中に、ニューヨークの長男が、face time使って
テレビ電話を掛けて来てくれました。
この夏から、アメリカで新社会人となった息子の顔を久々に見ました。

元気そうで一安心しましたが、
毎日遅くまで働いてるらしく、週末にはどっと疲れが出るようです。

遠くにいて、何もしてやれないのですが、
体だけは壊さないように祈っています。



No.2066 浮き納め 投稿者:ひで 投稿日:2014/11/03(Mon) 00:49



    秋の3連休、
実は明日から、嫁さんと義母も一緒に、
北海道旅行(札幌に次男の顔を見に)を予定してたのですが、
天気が大きく崩れる予報になり、
せっかく行くならもう少し天気が良い日にと、少し先に延期にしました。
息子と私の母校の紅葉を観たかったのですが、
今年はもう間に合わないかなあ・・・

さて釣の方は、昨日1日はバス釣りの浮き納め、
今年もお世話になった池、お気に入りのタックルを持って・・
3尾ほど、hit & Release (笑)
夕暮れに小雨がパラついてきて、終いとしました。
これでバス釣りは、来年の5月の連休頃までお休みです。
バスもゆっくり休んでほしいと勝手な事を思います。(^0^)

W氏、流石のメジロよかったですね。(^0^)



No.2065 明石ジギング部 10月28日号 #12 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/31(Fri) 06:58



    青物ジギングの「鉛操会」楽しんできました!

メジロ 66cm 2.7kg
    64cm 2.4kg

朝6時出船後、11時30分までノーフィッシュ。

残り時間1時間半からの30分間に、激流、かけあがりエリアでベイトを意識した遊泳層をアクションさせて食わせに導く高度なテクニックが要求されるところで、ぎりぎりメジロ2本とって間に合いました!



No.2064 恒例 秋の西田丸 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/26(Sun) 01:26



    快晴の土曜日
秋の恒例、淡路島の西田丸でマダイと青物狙いに行ってきました。
メンバーは常任メンバーからO氏、Y氏、N氏と私、
それから、新メンバーとして参加してくれたT氏の計5人となりました。

60号の錘の胴付き仕掛け、餌はウタセエビ(カワツエビ)
潮は大潮回りで、お昼過ぎに満潮の潮止りとなる潮でした。
秋のマダイ・青物狙いは、同じく恒例の春のメバル釣りに較べると、
当り外れがあって、なかなか厳しい釣りになることもしばしばあるのですが、
新人のT氏が、運を連れてきてくれたようで、
写真のとおり、なかなか良い釣りとなりました。

第一本命のマダイが、サイズ、数とも、もう一つだったのが残念でしたが、
ツバス〜ハマチ〜小メジロが、よく竿を曲げてくれました。

私はマダイ4尾、ツバス〜ハマチ4尾
ハリス3号で、たぶんメジロサイズは3度ほど掛けたもののバラシでした。(涙)

まあでも、瀬戸内の青物は、
食べるならメジロサイズよりハマチサイズが美味しいので(負け惜しみ、笑)
これで満足です。(^0^)



No.2063 グレの味は 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/23(Thu) 23:36



    まだ秋も早い時期なので、
味はあまり期待してなかったのですが、
一番大きなグレに包丁を入れてみると、
腹腔にはラード状の脂が詰まり、
包丁にねっとりと絡みました。

皮を引いたものと霜降りの刺身で頂きましたが、
ほど良く脂が乗って美味かったです。

秋の釣りはともかく食い気が優先、
さて、次の週末は久しぶりに船に(^0^)



No.2062 秋波止の釣 その2 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/22(Wed) 23:03



    先週末、日曜日は淡路島のマイポイントでふかせ釣
前回は朝一の新規開拓に失敗したので、
今回は最初からマイポイントに入ることにしました。

楽勝かと思ったのですが、
潮が長潮でもう一つピリッと動かず、
おまけにフグが居付いてしまい、
おかげで餌取りは怖がって岸に張り付いてるものの、
何度仕掛けを入れても、
刺し餌をフグにしがまれるばかりで難儀しました・・(涙)

そんな中で、根気良く打ち返してなんとか写真の釣果、
でも、手前の一番大きい34cmは、
実は淡路島でのマイレコード更新です。
これだけは大事にタモを使いました。(^0^)



No.2061 おのころさんへ 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/21(Tue) 23:40

    おのころさん、
そうですか、お父さん亡くなられましたか・・
ご愁傷さまです。
順番にいつかはやってくる別れですが、
やはり寂しいことと思います。

そして了解です、ジギング行きましょう(^0^)



[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

151件〜180件(全2,237件)
/→  1 | 2 | 3 | 4 | | 6 | | 8 | 9 | 10

Powered by WebSpace