13039
Message board & my diary

[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

No.2060 釣りは止められない! 投稿者:おのころ 投稿日:2014/10/21(Tue) 20:27

    ひでさん、ご無沙汰しております。今年再三に渡り、ひでさんから釣りのお誘いを受けていたにも関わらず、父の容態か思わしくなくお断りしておりました。

去る9月22日、父が他界しました。小さい頃から毎週のように和歌山まで片道2時間も掛けて、私に釣りの楽しさを教えてくれました。お陰で自他共に認める釣りバカに成長し、大ザル化する事多々ありに。(笑)

父の闘病中も、ひでさんには優しいお言葉を掛けて頂き、感謝しております。



さて、昨年よりそんなこんなで、封印しておりました。ジギングを父の49日を境に再開する事としました。

既に、PE ラインを新調し、ステラも2台オーバーホール中です。日本海も、大物が良く釣れています!ひでさん、また同行宜しくお願い致します。ゴアテックスも新調しようーっと。



No.2059 食欲の秋とメタボ講習会 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/21(Tue) 00:22



    KAZUさん
キノコ、これも始めると奥が深そうですね。
私も次はキノコと思いつつ、
今はまだ山菜一つづつ覚えてるところです。

さて丹波で、黒枝豆と小西のパンの他には、
松茸はとても買えなかったので、
黒シメジとシイタケを買って帰りました。

夕飯は、茹でた黒枝豆と枝豆ご飯、
ソデイカのゲソとエンペラと白菜の中華風炒めもの
焼き黒シメジとシイタケ
釜揚げシラスのお澄まし
食欲の秋真っ盛りですが、明後日にメタボ講習会が・・(汗)



No.2058 ナメコ 接近 投稿者:Kazu@岡山 投稿日:2014/10/20(Mon) 20:21



    晴天の氷ノ山。
高知鮎惨敗をもって、渓流・鮎シーズン終了としたものの、結局沢付近の散策はやめられません。(^_^)v

ナメコは出てました。が、いっこもとれずに帰り中に話したに聞いてわかった・・・というか見せてもらって出ていることがわかった次第です。

おじちゃんにはキノコ分けてもらいました。うまかったです。

だんだんナメコ場所が特定されてきました。ふふふっ!



No.2057 川北黒大豆の枝豆と小西のパン 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/19(Sun) 23:36



    この週末はようやく秋晴れの良い天気となりました。
土曜日は丹波へ、川北産の黒大豆の枝豆を買いに
毎年この時期の週末にだけ店を開ける販売所へ(^0^)

ガソリン代に高速道路代使って、贅沢な枝豆になりますが、
それでも、ここの枝豆の美味しさを思えばお釣りがきます。

昼から姫路へ行く用があったので、
朝早めに出掛け、昼頃行くいつもの年ならとっくに売り切れてる
小西のパンも、やっと買うことができました。(^0^)



No.2056 明石るるる部 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/19(Sun) 06:34



    新鮮なサワラでは造りや握り、タタキ、味噌漬けなど楽しみ方はいろいろあります。

10月のサワラが手に入ったら是非試してほしいのが「塩焼き」

塩をふって20分ほどおき、浮き出てきた水分を良くふき取ってから魚焼きグリルへ

焼きあがりにすだちを添えていただきます。

パリッとした皮の内側にはふんわり柔らかい身。口に頬張ると肉汁がジュワ〜!

激ウマ〜ですよ



No.2055 明石ジギング部 10月16日号 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/17(Fri) 07:24



    タイカブラと青物ジギングの「鉛操会」楽しんできました!

サワラ 77cm 2.4kg
     75cm 2.3kg
メジロ 61cm 2.5kg

ハマチ〜ツバス 47〜40cm 5尾

水揚げ総重量10kgオーバー達成!

シケ後の荒食いを期待して臨みましたが、そんなに爆発するということはありませんでした。

タイカブラは2ヒット、2バラシで結果は導き出せなかったものの、自作カブラの有効性が確かめられました。

いい素材が集まったので「るるる部」活動が楽しみです。 



No.2054 さかなを食べる 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/16(Thu) 00:39



    W氏、
るるる部員の認定ありがとうございます。
釣には色々な楽しみがありますが、
中でも、「食べる」というのは、ランクが高いですね。

写真は、先週末の食卓
グレの刺身にハゼの天ぷら、まこもだけの炒め物
幸せです。(^0^)



No.2053 干物 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/15(Wed) 07:15



    「一夜干し」美味しいですね。

ワタシは5%濃度の立て塩に30分浸ける製法を基本にしています。
油の良くのった夏のゴマサバに対しては塩分が浸透しにくいので15%まで濃度を調整することもあります。

干しは表面の水分をキッチンペーパ―でふき取り、干しかごへ収納して天日に1時間ほど当て、あとは日陰でゆっくり完成させます。

ヒデさんの魚を美味しく食べる工夫に対する功績をたたえ「るるる部員」さんに勝手に認定させていただきます!!



No.2052 笠子の一夜干し 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/14(Tue) 23:48



    一夜干しと言えば、先日山盛り釣ったガシラ
何尾かを一夜干しにしましたが、なかなか美味かったです。
このての白身の魚は、焼いて食べるなら、
干して少し水分を抜いてやった方が、うま味が濃縮して良い味になります。

一夜干しの方法も、立て塩、振り塩、
籠に入れて天日干し、同じく一夜干し、
キッチンペーパーに包んで冷蔵庫等々、色々やってみましたが、
このところは、立て塩に30分ほど浸けてキッチンペーパーで水分を拭き、
トレイに乗せてラップをせずそのまま冷蔵庫で干す方法がマイブーム。
冷蔵庫の乾燥能力は侮れなくて、良く乾きます。
虫が集ったり腐らせる心配も無いし、手軽でお薦めです。



No.2051 秋ハゼ 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/13(Mon) 21:26



    台風19号は、淡路島を通過していったようです。
テレビのニュースでは、雨の被害が出ているようで心配です。
神戸の私の家の辺りは、思ってたほどは大きな雨風は無く、ほっと一息の状況です。
台風の進行経路に居られる方々は、どうか引き続きご用心下さい。

さて、3連休の3日目は台風で家に籠りましたが、
昨日は穏やかな天気だったので、土曜に続いて釣へ(^0^)
土曜日は波止の浮き釣りだったので、日曜はこの秋3度目のハゼ釣りとしました。
馴染みの釣具屋で頼んでたリールのパーツを受け取りがてら、
餌の石ゴカイを買って、午後2時頃にマイポイントへ到着、
満潮の潮止まりの頃で、
ウルトラライトのバスロッドに、0.8号の中通し錘を使った所謂キャロライナリグ、
ハゼ釣りは色んな釣り方がありますが、ついつい楽な飛び道具を、はは

釣の方は、スタートは順調だったのですが、
潮が下げにかかると当りが止まってしまい、こんなはずではという数に終わりました。
でも、前回よりもサイズが大きくなって(最大15cm)、
おかずにはほど良い釣果でした。
写真の一番下のはイヌゴチ、帰って図鑑を見てみると瀬戸内では珍しいとのこと、
マゴチより味は劣るともありましたが、
ハゼ、キスと一緒に天ぷらで美味しく頂きました。(^0^)



No.2050 明石るるる部 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/12(Sun) 18:57



    釣る
造る
食べる
新しい活動組織の創設です。

「造る」では時間がおいしくするシリーズを得意としています。

まずは先日のマルアジ(小)で「干物」を楽しみました!



No.2049 秋波止の小物釣 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/12(Sun) 12:27



    この季節になると行きたくなるのが
秋波止の小物釣、

元気良く賑やかな波止の小魚達に相手してもらって、
浮きを浮かべるのは、
これはこれでなかなかエキサイティングです。(^0^)
キュっと浮きが入って、パシっと合わせる、
ライトな仕掛けなので、小魚でも結構竿を曲げてくれます。

ホームグランドの一つ、淡路島へ出掛けましたが、
新ポイント開拓と始めに入った場所は、
小魚にも程があるくらい魚が小さくて(コッパグレでなく豆グレ・・)、
一休みして午後から、この季節いつものマイポイントへ・・

やはりマイポイント、
餌取り用に撒き餌を岸近く打って、少し沖目に仕掛けを入れると、
小気味よく浮きが入り、日暮れに餌が無くなるまで存分に楽しみました。
小グレ8尾(21〜24cm)とサンバソウ4尾をおかずにキープ、
タチウオは日暮れに投げたバイブレーションでキャッチ、
これも撒き餌か撒き餌に寄った小魚に寄ってきてたのか、
すぐ岸際で喰ってきました。
うれしいおかずの追加となりました。(^0^)

W氏、
まずまず良い釣だったようですね。
O氏1号、2号はどうだったでしょうか?
私も波止から、上手くいけばハマチもと思って、
少しルアーも投げましたが、この日は回ってきませんでした。



No.2048 明石ジギング部 10月10日号 投稿者:W氏 投稿日:2014/10/11(Sat) 21:16



    ミラクルはありませんでしたが、おかずがいっぱいとれて楽しいジギングでした!

ハマチ 4尾
マルアジ 多数 (30cmupも混ざりました)



No.2047 タチウオ 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/05(Sun) 20:32



    渓流シーズンも終わった最初の週末は、
O氏のお誘いで、タチウオジギングへ
朝6時出船、昼までの手軽な釣りです。
メンバーは、O氏、T氏、私の3人。

タチウオは美味しい魚ですが、
ほかになかなか替えが無い食味で、
時々むしょうに食べたくなります。

今回も喰い気100%の釣、
願わくば脂が乗ったドラゴンをと(^0^)
漁場の通称神戸沖に着いたのが6時40分頃、
周りは既に数十隻の釣船が流してて、
爆釣を期待しましたが・・・・・

まあ、ほんとにジグを替え、しゃくりを替え、
なんとか指2本半〜4本を5尾・・・
O氏、T氏も同様の状況でした。
同船でタチウオテンヤにイワシ餌の方の方が、
もう少し型も数も多かったようです。
喰いが立ってる時は、手返しの良いジギングが有利ですが、
渋い時はやはり生餌付いてるほうが強いですね。

でも、おかずには十分で、
昨日はお造り、炙り、それから塩焼き
今日は唐揚げにして、美味しく頂きました。
船代もリーズナブルだし、満足です。(^0^)



No.2046 おめでとうございます 投稿者:ひで 投稿日:2014/10/03(Fri) 00:19



    ナマジさん
良い魚ですねえ(^0^)
何度も何年もチャレンジしての1尾、嬉しいことと思います。
おめでとうございます。
釣行記、楽しみにしてます。

W氏
ジギングはパターンを掴めなかったら深みに嵌りますね。
でも、立派な鯛、よかったでないですか(^0^)

さて、ナマジさんの自己記録には較べようにありませんが、
私のイワナ自己記録の写真をもう1枚だけ

イワナとヤマメの典型的な違いが出てて
特に大型のイワナは水辺に置くと、寝かして写真撮ろうとしても、
すぐに立って、なかなか寝た写真撮らせてくれません。
ヤマメは逆で、立ったりしないのですが・・
これが山深い渓で生き延びてきた、イワナの生き残り戦略の一つなのでしょうね。



No.2045 念願の大型ロウニンアジ 投稿者:ナマジ 投稿日:2014/10/02(Thu) 20:38



    ナマジです こんばんわご無沙汰です

 クリスマス島遠征から帰ってきました。

 苦節18年、やっと納得のいくサイズが釣れました。



No.2044 明石ジギング部 9月29日号 投稿者:W氏 投稿日:2014/09/30(Tue) 08:18



    マダイ61cm 2.8kg1尾だけでした。

ジグをつぎつぎ変更しても特定の人にしかヒットが出なくて、迷いの森を彷徨うように難しい日でした



No.2043 終渓 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/29(Mon) 23:41



    先週は札幌の次男が半年ぶりに帰ってきたと思ったら、
日曜の朝一番の飛行機でまさに飛んで戻っていきました。
長男はニューヨーク、家族全員が顔を揃えるのはいつになるかなあ・・

釣の方は、渓流のラストシーズンながら、
9月になって、どうにも行く日が無くて、
日曜日の午後半日が残された手持ち時間となりました。

この際、このまま春までオフにしようかとも思ったのですが、
たとえ半日でも、今年もよく遊んでくれた渓と魚にお礼を言いにいくかなあと・・

さて、早朝に次男を空港に送った後、車を飛ばし、昼頃に渓の傍に到着
9月最後の週末、どのポイントも昨日今日と先行者が釣歩いてるはずなので、
釣果は期待せず、歩き慣れたポイントを釣り上ることにしました。

新しい足跡が結構あり、ここぞというポイントでは、当然ながら魚の反応が薄かったので、
他の人が攻めてなさそうなところをできるだけ丁寧に探っていきました。

そんな気持ちに応えてくれたのが、このイワナ
33cmは、自己記録更新です。(^0^)

シーズン最後の半日だけの釣、
来た甲斐がありました。
イワナにお礼を言い、流れにそっと帰しました。
ありがとう

Kazuさん、高知楽しかったですか。今年も渓流終わりました。
来シーズンも良い釣りを(^0^)



No.2042 終盤 四国 投稿者:Kazu@岡山 投稿日:2014/09/25(Thu) 19:47



    高知に行ってきました。日帰りで高速料金払って「この釣果???」でも、釣りは楽しい!


No.2041 ガシラ 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/23(Tue) 23:27



    ガシラは、
テトラの穴釣をする人なら経験してると思いますが、
穴の中でじっと潜んでる魚で、
良い穴に餌を落としてやると、まず最初に一番大きなのが釣れます。
続いて少し小さいのが釣れて、
最後はとても小さいのが釣れ、これで打ち止め、
次の穴を探すことになります。
これがガシラの一般的なイメージかと思います。

でも実はこれは昼間の姿で、
夜は撒き餌を打ってやると、次から次と釣れ続けます。
今回釣った30尾も、ほぼ同じポイントで釣れて、
サイズも大も小も混ざって釣れました。

ガシラに発信器を付けて行動を調べた調査があるのですが、
その結果を見ると、昼間は一か所でじっと動かないのですが、
夜になると活発に泳ぎ回ることが示されていました。

さて、ガシラ
大きめのは煮付け、小振りは唐揚げが定番ですが、
お薦めはみそ汁

水から頭と身を入れて、沸騰したら合味噌を溶き、
仕上げに小葱を浮かべると
ガシラのコクのある出汁が出て、なかなか美味いです。

煮付けではメバルに負けるガシラですが、みそ汁はガシラの勝ち、
一度試して下さい(^0^)



No.2040 沖一文字 通しの釣り 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/21(Sun) 23:37



    この週末は、恒例
淡路島の某一文字波止に渡り朝まで通しの釣
ほんとは、9月中はシーズン残り僅かな渓流に行きたかったのですが、
今年は10月になると通しの釣りは寒そうだとのことで、この週末となりました。

メンバーはS師匠、Y氏、私の3人
ほかには、大阪からの3人連れの方々で、
計6名が一文字で夜を明かしました。

北東の風が少しあって、9月ながら夜更けは少し寒かったです。

釣果の方は、
比較的早めの時間に狙いのチヌ42cmを掛けたものの、
後が続かず、なんとかもう1尾を追加したのみでした。
浮きを沈めるのはガシラ(カサゴ)ばかりで、
ガシラをリリース含め、約30尾
今回の釣りはこれですべてでした。残念・・・

なお、ポイントの関係で私は少し離れて釣ってたのですが、
S師匠とY氏は、グレも交えてなかなか好釣だったようです。
このところ、わが身に釣運なし・・・



No.2039 明石ジギング 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/21(Sun) 23:06



    W氏、
お疲れ様でした。
おかげで、今年の初&最終?の明石ジギングを楽しむことができました。
私の方は、ハマチ(47cm)1、小アオリ1
まあ、ぼうずで無かっただけ・・・



No.2038 明石ジギング部 9月19日号 投稿者:W氏 投稿日:2014/09/20(Sat) 04:27



    2014年第8戦は親しい仲間が5人集まって、午後便でタイカブラと青物ジギング、船アオリのリレー鉛操会行ってきました!


マダイ 2
マルアジ 1
サゴシ 1
ツバス 4
アオリイカ 4
ケンサキイカ 1

今日も6目達成!で、楽しめました



No.2037 はぜどん 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/16(Tue) 00:39



    3連休の真ん中がタックルショー、
渓歩きはこの週末は諦めました。

で、ハゼ釣り
実は土曜日の夕方出掛けて、
初めてのポイントで、日暮れまでの短い時間で18尾。
それなら、半日たっぷり時間を掛けたら50尾は軽いだろうと、
月曜の今日は、嫁さんに天ぷらの用意をことづけて、
石ゴカイ500円を持って昼過ぎにスタートしました。

ところが、
潮時が悪かったのか、魚の機嫌がもう一つで、
結局釣れ始めたのは土曜と同じ日暮れまじかでした。
真っ暗になるまで粘って、数えてみると22尾・・・
まあ、なんとか天ぷらの具は確保しましたが、はは

ハゼでもなんでも、潮と時合と場所が合わなければ、
どんな魚でも釣れない。
当たり前のことなのですが・・(^0^)



No.2036 JFLCC神戸タックルショー 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/15(Mon) 00:14



    JFLCC神戸タックルショー
無事終了しました。

とても懐かしい顔にも会えて、
なかなか良い一日となりました。(^0^)

廊下にまで、へドン臭が漂う怪しげな集まり、
でも匂い以上に濃い面々が揃い
なんとも言えない、
まったりとした時間が流れていました。

世話役のPOOさん、ご苦労様でした。

まっちゃん、WILD GAMBLERさん、お疲れ様でした。

O氏、遠路訪ねて頂きありがとう。
南京町での親娘デート、
美味しいもの食べましたか(^0^)



No.2035 JFLCC 神戸タックルショー 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/10(Wed) 23:39



    次の日曜日、
神戸でJFLCC(Japan Fishing Lure Collectors Club)の、
第17回目のタックルショーが開かれます。


私も出展&出品予定です。
お近くの方で、都合が合う方は覗いてやって下さい。
他では見れないようなお宝タックルや、
リーズナブルな即売もあります。(^0^)
休日の神戸歩きを兼ねて是非!!!



No.2034 茗荷 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/09(Tue) 22:03



    買って帰った白イカは、
予定どおりミョウガと合わせました。
一緒に買ったガラエビ(トゲザコエビ)と、
道中の道の駅で買ったシイタケを天ぷらに、
同じくオクラ2種は軽く茹でて・・
なかなか食が進みます。(^0^)

下の写真はミョウガの葉
去年見つけた場所に加えて、今年はもう一か所、
自生してる場所を見つけました。
でも、この場所は道から近いので、
私以外に、たぶん採ってる人がいるのか、花芽は少なかったです。



No.2033 渓流とイカのダブルヘッダー 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/07(Sun) 12:06



    9月の声を聞いたこの週末は、
弟と日本海で白いか釣りを計画していました。

出港は午後5時半だったので、
早朝から渓歩きをしてから合流しようと、
先ずは、今シーズンも終渓が近づいた渓を歩くことに、

それから、もう一つ目的があって、
いか釣り行くならと、自生のミョウガも採りに(^0^)

夜中の3時頃、渓の傍に車を止めて、一眠り
携帯の目覚ましを合わせ、7時頃にゆっくりめのスタートとしました。

このところの雨で、渓は釣にはほど良い水量で、
魚は思ったよりも反応が少なかったのですが、
写真の29cmのイワナを頭に、4尾キャッチ&リリース

ミョウガも弟達の分も含めて十分確保し、
さあ、一休みしていか釣りの出船場所へ向かおうかと思った時に、
弟から携帯に電話が入り、
夕方から雷雨の予報となって出船中止の連絡となりました。
残念、実はこの夏は、3度釣り船予約して、
3度とも振られる結果になってしまいました。(涙)

ほんとはこの時期は、秋色のヤマメの顔が見たかったのですが、
ミョウガが生えてるイワナの場所を歩いたのに・・・はは
で、どうしてもイカとミョウガを合わせて食べたくて、
浜まで下りて、魚屋で白イカとスルメイカ買って帰りました。(^0^)



No.2032 木曽駒ヶ岳 その3 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/03(Wed) 21:52



    山の写真をもう1枚

天気は一日ぐずぐずしていたものの、
駒ヶ岳の頂上では時折雲の切れ間も覗くようになり、
切れ間の眺望を楽しみながら、ゆっくり下山することにしました。
最終のロープウェーは17時なので、時間は十分にあります。

そして、乗越浄土から千畳敷カールを下に望む頃、
ほんの短い間でしたが青空も見えました。
赤い建物がロープウェー乗場でもあるホテル千畳敷、
右奥にうっすら見える三角の頂きは、
これも百名山の一つ、空木岳です。

この景色を見られただけで、
来た甲斐がありました。(^0^)



No.2031 食欲の釣り 投稿者:ひで 投稿日:2014/09/01(Mon) 00:26



    W氏、
金曜日は良い釣りできたようですね。
私も行きたかったのですが、残念(^0^)

さて、この週末は
渓流にも行きたかったのですが、
小魚を釣って食べたくなって淡路島へ、
明石海峡大橋の橋代が安くなって、少し通い易くなりました。
(高くても結局行くのですが、笑)

色々な釣りができるように、釣具各種を車に積んで、
金曜の夜中に家を出て、土曜の晩飯の時間までの耐久戦、
しかしあえなく、車で熟睡で、釣開始は朝になりました。

タチウオ、アジ、サバ、イワシ、カマス、ハゼ・・・
計画では色々釣れるはずだったのですが、
釣果は、キス釣りに行ったのと同じになりました。
まあ、天ぷらとお造りで美味しく頂いたので、好しと(^0^)



[ HOME新規投稿記事検索記事修正/削除携帯用URL管理用 ]

181件〜210件(全2,237件)
/→  2 | 3 | 4 | 5 | | 7 | | 9 | 10 | 11

Powered by WebSpace